こちらでは、ウェブデザインがウェブサイトにもたらす効果について詳しく説明していきます。デザインは、サイトの閲覧体験に違いをつける重要な要素なのだということを理解しましょう。

統一感を与える

色調や文字のフォントが一定していると、統一感が出てきます。また、画像の内容や色と、ウェブサイトのカラーがあっているかも重要なポイントです。逆に、バラバラな色や文字、画像を使用したサイトはプロフェッショナルに見えません。信頼感のあるサイトのためには、統一感を出すことは必須と言えます。

ファーストビューがウェブサイトの印象を決める

これは統一感も一要素としてかかわってくることですが、まずユーザーは、自分がたどり着いたページの様子(ファーストビュー)でウェブサイトを判断します。何についてのウェブサイトなのか、どんな雰囲気か、信頼できるかなどといったことです。「ユーザーにこう見えてほしい」という印象を出す画像をヘッダーに使い、サイト内容がすぐにわかるような構成、サイト内容にあったキャッチコピーや色使いを採用しましょう。

探している情報が見つかりやすくする

ユーザーは基本的に、情報を探すためにインターネットを利用しています。あなたのサイトにも、何かしらの情報を求めて訪問するわけです。探している情報がすぐ見つけられるように、明瞭なメニューバーを導入する、検索バーをわかりやすい位置に置くなど、ユーザーフレンドリーな仕様にすることが大切です。

初めてのユーザーにどのようにサイトを回っていくかを示す、誘導の構造も取り入れると良いでしょう。