この記事では、ウェブデザイナーという職業について説明しています。

ウェブデザイナーとは、文字通りウェブサイトをデザインする仕事をする人のことです。以下では、ウェブデザイナーの働き方や年収や人間関係などについて見ていきましょう。

ウェブデザイナーの働き方

ウェブデザイナーの働き方として、デザイン事務所に勤務する、その他企業のデザイン部署で働く、フリーランスとして働くという方法があります。労働時間は企業によってさまざまですが、一般的に労働時間が長く、体力が必要な現場が多いようです。ウェブデザインに限らず、クリエイティブ系の仕事は必ず締め切りがあるので、時間に追われるという面は多かれ少なかれ出てきます。

ウェブデザイナーの年収

年収については、持っているスキルや経験、できることによってかなり違ってくるでしょう。目安として、簡単なHTMLやCSSができる人の場合は、年収20万円前後、デザインとコーディングが素早くきちんとできる人は年収400~500万円ほどになるのではないかと思われます。また会社員でもフリーランスでも、スキルが高く業界でひっぱりだこの人は、年収1500~2000万円ほど稼ぐことも難しくありません。

ウェブデザイナーの人間関係

ウェブデザイナーは、さまざまな人とコミュニケーションをとる仕事です。特にクライアントやディレクターとの意見のすり合わせはとても大切なので、自分の考えをきちんと伝えられること、また相手の話をしっかり聞く姿勢が求められます。